本文へスキップ

サイトマップ プライバシーポリシー

メインナビメニュー

 
 

トップ > ホットメッセージ


ホットメッセージ

ホットメッセージ

皆さまからの温かいメッセージをご紹介いたします。

岡山県 知事 石井正弘 氏

両備グループが経済産業局のご支援も頂きながらこのような先進的な植物工場プラント「やさい蔵」を今回発表されたということは、大変私も力強くまた期待もさせて頂いてところでございます。
農業を取り巻くさまざまな問題(後継者不足、高齢者の方が増えている) また、一方で地球温暖化など異常気象等さまざまな問題が発生しているという中で、多くの関係者が農商工との連携を期待しています。
県といたしましても農業とそして工業が結びついて、そしてそれにまた商業がこれに絡んで新たな事業の展開と広めていきたいと考えているところでございます。この度の植物工場は、まさにそういう意味におきまして農業関係者の皆さまからも、また企業等の皆さまからも、また産学官連携という意味で大学関係者の皆さまからも大変熱い期待を寄せられています。そういった関係者のコラボレーションによって素晴らしい未来思考の植物工場が今回移動工場ということでスタートすることとなりました。
これから県下各地を巡回をして頂きまして、一人でも多くの方にこの素晴らしいこれからの農業の未来を象徴するような、そしてこれからの企業の将来性を象徴するようなこういった植物工場を多くの方に見て頂きまして、そして実際に召し上がって頂いて体感して頂くことが大変重要ではないかと思っております。
今後ともこういった前向きな新しい農商工連携のプラントの推進に、できる限りの支援をさせて頂きたいと考えています。
改めてこの素晴らしい植物工場がスタートしますことをお祝いを申し上げながら、尚一層こういった素晴らしいプロジェクトが復旧啓発されますように思っております。



中国四国農政局 局長 勝山達郎 氏

食糧危機の話や国内生産の拡大というのが重要になっている中で地域の農業を元気にする地域を元気にするというのが非常に重要だということで、やはり地域収益拡大が私は重要な取り組みになってくるのではないかと思っています。
そういう中で農産業の独自産業化という一次産業を中心に二次産業、三次産業を融合化していくことによって収益の拡大を図ろうと取り決めをしている中で、植物工場というのは非常に重要な取り決めの一つになっております。
この植物工場の良さは環境が制御できるそういう意味では周縁的に裁断ができるということがありまして、さらに農地だけではなく工場でもできる、早くいえば県庁でもできるという素晴らしい技術でございます。ということは国内の生産拡大という意味で非常に期待される手段でございます。
そういう中でこの植物工場のPRのために地元の両備ホールディングスさんが取り組んでくれるということは非常に頼もしいことだと思っております。
農業だけでこの国内食料を確保するのはなかなか考えられないことだと思うので、地元の企業のアイディアとか、技術とかを取り入れて農業を発展していき、農業が元気になる、農業が元気になれば岡山も元気になる、岡山が元気になれば日本全体が元気になってきて国民の食の安定供給というものも確保され、地域農村の発展にも繋がっていくと思っております。そういう意味でこの植物工場が岡山の中で植物工場の良さをどんどんPRされるということを期待しております。



中国経済産業局 局長 長尾正彦 氏

経済産業省のこの植物工場モデル推進事業ということで、中国管内ではこの両備ホールディングスさんの“やさい蔵”がスタートでございます。
今、農商工連携が一つの地域活性化のキーワードなっております。
私も日頃から農商工連携を進めているのですが、この植物工場というものは先端をいくプロジェクトでございます。
植物工場というのはいろんな意味で技術の種、仕事の種に、太陽光発電を使っていれば種をまくことですし、LEDを使っていればその分野でのまた種をまくことになります。また相当コンパクトな植物工場でございますので、たとえば商店街の空き店舗でもこれを使ってできたり、移動ができるということなので、どこかのイベントなどでも植物工場を使った催し物が出来るということで、非常にいろんな種がまくことになると思います。
この中国地域、岡山から仕事の種がどんどん発信されることを非常に期待をしております。






このページの先頭へ戻る