本文へスキップ

サイトマップ プライバシーポリシー

メインナビメニュー

 
 

トップ > 施設紹介


施設紹介

施設紹介

京山ソーラー・グリーン・パーク Kyoyama Solar Green Park
Kyoyama Solar Green Park
京山ソーラー・グリーン・パーク「京山ラボ・パーク」は、集光型太陽光発電システムのグリーンエネルギーと植物工場と連携したクリーンで安心・安全な研究・生産施設です。 野菜生産に関する様々な課題解決に取り組むための「研究施設」と日産800株(レタス)可能な「生産拠点」という二面性を共存した植物人工栽培研究施設です。



■「研究施設」としての目的■
  1. 安心・安全を担保した野菜の大量生産技術を確立
    露地栽培と比較し安定生産且つ低コストでの生産が可能。

  2. 機能性野菜の生産技術の確立
    特定疾患者対象の野菜の育成(低カリウム化等)。

  3. 野菜の育成に最適な光源の実証研究

  4. 育成環境に適合した「果菜類」の品種改良

■野菜生産拠点■
  • レタス換算で、日産800株、月産24000株の生産が可能。

  • 食品衛生法上の一般生菌数基準1.0×10⁵/gを大幅に下回る300未満を実現。
    食品微生物センター 検査報告書


【生産品目】
  1. 30種類以上の野菜の生産が可能。おもに「バジル、ルッコラ、イタリアンパセリ等の香草類」を生産。

  2. 機能性野菜の生産

  3. サラダ用の苦みの少ない「クレソン」をはじめ、栄養価は維持したまま野菜特有の「えぐみ」や「青臭さ」を除去した野菜の生産。




【施設レイアウト】
京山ソーラー・グリーン・パーク施設レイアウト図






植物工場バックヤード施設 植物工場バックヤード施設写真 SOREX 岡山工場内植物工場ラボは、植物工場展示用ショーケースのバックヤード施設として基本設計・仕様を同様に製作された施設です。試食や実験など補助施設として活躍しています。





このページの先頭へ戻る